OGSとは

electric guitar amplifier lessons tokyo

 オンタリオ・ギター・スタジオは、初心者の方はもちろん、中級者の方、上級者の方にも通って頂けるギター 教室です。海外の音大進学を目指している人にもおすすめです。

 講師のライアンはカナダ人なので、ギターを英語で学ぶことができます。また、日本語も堪能なので英語に心配のある方も問題ありません。レッスンでは、①英語のみ、②英語と日本語の混合、③日本語のみの中から選択して受講することができます。

 ギターの種類は、アコースティックギターやエレキギターなど可能です。

 ジャズを初め、ロック、ポップブルーズ、カントリー、R&B、スライドギターなど、幅広く教えることができるので、好きなジャンルを不安なしでレッスンを受けられます。

ryan boisselle guitar teacher smiling tokyo
生徒様の声

​ライアン先生は忍耐強くて、素晴らしい先生です。大人になって趣味で学ぶ私に、自宅で一人で練習できるように、レッスンではギターの基本を手伝ってくれました。

ー40代の正社員

講師紹介

ライアン・ボアセイル

 1983年カナダのオンタリオ州トロント出身。

 高校生の頃、バンドを組むために14歳でギターを手にする。16歳でニューヨークで開催されるMaestroPlease大会の優勝賞を受賞。ハンバー音楽大学でJazzStudiesの学位を取得後は、プロギターリストとして活動。バンドのサポートとして、モロッコ、アメリカ、カナダを周る。活躍の傍ら、様々なギターの生徒たちに教える。

 2013年に来日し、アークアカデミー日本語学校卒業後、日本語検定2級取得。

 2015年、Billboard Live TokyoでSpandettesのギターサポートとして演奏した。